ダイエット中の睡眠についてポイントはありますか?

ダイエットコラム

ダイエット中の睡眠についてポイントはありますか?

睡眠時間が短い人は、太りやすいというデータがあります。これは夜遅くに飲食することに繋がるからです。

就寝する2時間前より遅くに飲み食いすると太りやすくなり、これを「夜食症候群」などと呼ぶ専門家もいます。食べてすぐに寝ると、食べた物をエネルギーに変える暇がないので、皮下脂肪になりやすいのです。

また、近年の研究では、眠っている間に痩せるホルモンが出ているという報告もあります。成長ホルモンは寝ている間に放出されるといわれますが、その通りです。成長ホルモンには新陳代謝を活発にする働きもあるので、食べた物をスムーズに代謝できます。さらに、短時間睡眠の人はインスリンの反応が鈍くなって高血糖になりやすく、これも肥満に関係すると言われています。

シンデレラのように0時には就寝しましょう。朝起きたら光を浴びて、寝る少し前に消灯して自律神経のスイッチを切り替えて眠ることをお勧めします。寝る前のスマホもNGです。

お役立ちダイエット情報

  1. 二の腕を細くするダイエット方法
  2. ダイエット中の睡眠についてポイントはありますか?
  3. リンゴ型女性がダイエットで10代の時期に気を付けるポイント
  4. 洋ナシ型体型とは
  5. デスクワークが原因かも。座ったままできるダイエットとは
  6. 洋ナシ型男性が筋トレで20代の時期に気を付けるポイント
  7. ダイエットの食事制限を無理なくする方法とは
  8. ダイエットはウォーキングで痩せるもの?
  9. 自分に合ったダイエットの見つけ方
  10. リンゴ型体型とは
PAGE TOP