カテゴリー:ダイエットコラム

ダイエットコラム

思わぬケガで思わぬデブ活。入院中にできる低負荷ダイエットとは

怪我をして入院をした場合、傷口が完全に治るまでは安静にすることが求められるので動作が極端に少なくなってしまいます。

しかし入院中は病院から栄養バランスのとれた食事が出されますから、寝ているだけの生活では太ってしまいます。そこで入院中にもできるダイエットとして、傷口に負担をかけない低負荷ダイエットをすることをおすすめします。

脚を怪我した場合は歩くことができませんが、手は動かせるのでダンベルで筋力アップをすることができます。筋力をつけると消費カロリーが増えるので、それだけでダイエットにつながります。病院内なのでダンベルが使えないときは、厚めの本を利用することをおすすめします。

手を怪我した場合はじっとしているよりもウォーキングをして足に少しでも筋肉をつけると、代謝や血流が良くなるので太りにくい体を作れます。

お役立ちダイエット情報

  1. ダイエットの食事制限を無理なくする方法とは
  2. リンゴ型体型とは
  3. ダイエット中の睡眠についてポイントはありますか?
  4. 洋ナシ型体型とは
  5. ダイエットはウォーキングで痩せるもの?
  6. リンゴ型女性がダイエットで10代の時期に気を付けるポイント
  7. デスクワークが原因かも。座ったままできるダイエットとは
  8. 二の腕を細くするダイエット方法
  9. 自分に合ったダイエットの見つけ方
  10. 洋ナシ型男性が筋トレで20代の時期に気を付けるポイント
PAGE TOP