カテゴリー:洋ナシ型女性

洋ナシ型女性

洋ナシ型女性がエクササイズで50代の時期に気を付けるポイント

日本人の肥満遺伝子タイプは3タイプにわかれ、そのシルエットからリンゴ型、バナナ型、洋ナシ型と言われます。

リンゴ型は下半身よりウエストまわりに脂肪がたまり、洋ナシ型はお尻や太ももなどの下半身に脂肪がつき、バナナ型は全体的にぽっちゃりしています。この3タイプにうち洋ナシ型は全体の25%といわれています。

洋ナシ型女性のエクササイズで効果があるのはスクワットです。太ももは本来体で一番筋肉がついている場所です。椅子に腰かけるイメージでゆっくりとしずみ、ひと呼吸したら元の姿勢に戻ります。50代から急激に骨密度が低下していきますので転んで骨折などしないように足元をしっかりと意識して無理をしないことです。深く腰掛けることがむつかしければ自分が負荷がかかっているなと思うところまでで十分です。

なれたら徐々に深くしていくとよいです。

お役立ちダイエット情報

  1. 洋ナシ型体型とは
  2. リンゴ型女性がダイエットで10代の時期に気を付けるポイント
  3. デスクワークが原因かも。座ったままできるダイエットとは
  4. ダイエットはウォーキングで痩せるもの?
  5. ダイエットの食事制限を無理なくする方法とは
  6. ダイエット中の睡眠についてポイントはありますか?
  7. リンゴ型体型とは
  8. 自分に合ったダイエットの見つけ方
  9. 二の腕を細くするダイエット方法
  10. 洋ナシ型男性が筋トレで20代の時期に気を付けるポイント
PAGE TOP